くまもとCSの会 へようこそ

くまもとCSの会は 熊本県内の化学物質過敏症(CS)発症者や  有識者の方々によって運営を行っている会です


化学物質過敏症(Chemical Sensitivity=CS または Multiple Chemical Sensitivity=MCS (多種類化学物質過敏症))は、何かの化学物質に大量に曝露されたり、または微量だけれども繰り返し曝露された後に発症するとされています。
化学物質への感受性は個人差が大きいため同じ環境にいても発症する人としない人がいます。
反応する物質は芳香剤、煙草の煙、洗剤や柔軟剤の香料、建材などに含まれる揮発性有機化合物、新聞や雑誌のインク、農薬、衣類、など多岐にわたり、24時間 身の回りの様々なものに最大限の注意を払う生活が強いられます。

発症する症状は頭痛、めまい、目鼻喉の痛み、倦怠感、呼吸困難、神経障害その他多岐にわたり、一般的な日常生活を送ることが極めて困難になります。

また、この病気は誰にでも起こる可能性があり、これからの子どもたちにとっても大きな問題と言えます。

そのような状況の中で、私達はまず自分たちの身体の事を深く知り、仲間たちと手を取り合って症状の回復を目指すと共に、情報共有や外部との繋がりを通して、発症者も健康な方も年齢に関係なく誰もがより生活しやすいと思える環境作りを目指しています。

活動内容

リンク

お問合せ



最新情報

2017/10/25 熊本市男女共同参画センター「はあもにい」で開催される「はあもにいフェスタ2017」に出展させて頂くことになりました。化学物質過敏症についてのパネル展示やライフスタイル提案などをさせて頂く予定です。各準備にメンバーの皆さんで取り組んでます! (公式リーフレットはこちらから)
 
2017/10/11 第33回定期交流会を熊本市内で開催しました。
 
2017/09/26 バリアフリーデザイン研究会さんの例会に参加させて頂き、段差などの「見える壁」と有害化学物質などの「見えにくい壁」について話し合いました。
 
2017/09/26 第7回くまもとCSの会事務局会を熊本市内で開催しました。
 
2017/09/12 第32回定期交流会を熊本市内で開催しました。他県のCS患者会の方も交えての交流会となりました。
 
2017/08/31 第6回くまもとCSの会事務局会を熊本市内で開催しました。
 
2017/08/08 第31回定期交流会を熊本市内で開催しました。
 
2017/07/18 第5回くまもとCSの会事務局会を熊本市内で開催しました。
 
2017/07/11 第30回定期交流会を熊本市内で開催しました。 今回も県内外から参加頂き、メンバーさんが作った有機野菜を頂きながらの交流会となりました。
 
2017/07/04 第4回くまもとCSの会事務局会を熊本市内で開催しました。
 
2017/06/20 くまもとCSの会 メールボックスを開設しました。  プラスチックの匂いなどに反応しパソコン等電子機器の利用が出来ない発症者さんからの「お手紙」の受入れが可能になりました。
 
2017/06/13 第29回定期交流会を熊本市内で開催しました。 今回から交流会と事務連絡会を分け、交流会では生活の上でのお困り事等を中心に話し合うことで、これまで以上に発症者さんの生活に密接したコミュニケーションがとれるようになりました。
 
2017/05/20 熊本市男女共同参画センターの「グループ支援制度」の認定を受けました。   この支援制度で交流会参加時の託児受入れなどが可能になりました。今後は交流会におけるコミュニケーションを当会の活動のひとつの軸とし内外の動きを拡充していく予定です。
 
         

熊本地震についてのご支援


支援物資到着のご報告

昨年4月の熊本地震の際にご支援頂きました皆様、誠に有難うございました。
皆様からの温かいお気持ちと共に受け取らせて頂きました。
支援物資のご報告はこちらから

掲示板

当サイトに来て下った皆様の交流や、お知らせなどの掲示板になります。
各種掲示板はこちらから